ファクタリング取引の仕組みを知ろう

subpage1

商品の納品を始め、サービス利用者が決まっていて、まだ支払いが行われていないものを売掛債権と呼びます。
サービス提供を終えて請求書を回しているけれども、それの支払いが実行されていないものすべてが売掛債権で、期日が訪れれば支払いが実行されて会社の利益に繋がるお金です。簡単に言えばこれから入る現金の総称と言っても過言ではありません。ファクタリングは売掛債権を他の会社が買い取りするサービスです。


売掛金の仕入れにおいては資金取引ではなく、売掛により売買契約の形になるのが特徴です。

この特徴からも支払いサイトの長さに応じて資金化ができるまでにはタイムラグが発生することになるわけです。

ファクタリングの評判情報を得るならこちらをご利用下さい

簡単に言えば支払期日が先になる可能性も高い、1週間先のケースもあれば1か月先のケースもあるなど様々です。

タイムラグは会社のキャッシュフローをマイナスにしてしまう要因の一つでもあり、これを解決することができるのがファクタリングの魅力と言えます。


キャッシュフローの問題は中小企業の中では悩みの種になる要因の一つでもあり、資金繰りに苦労されている経営者も多いのではないでしょうか。


銀行などからの融資を断れてしまったり、売掛相手の支払い期日が長い、メインバンクや取引先などに知られないように資金繰りをしたい時などファクタリングが大きな力になってくれます。



そのため、金融機関からの融資を断れた時など資金調達で困った時などファクタリングの検討がお勧めです。